【博士課程を検討している方へ】博士課程の稼ぎ方【理研・JRA編】

理系研究室生活
こんにちは。tomoです。
前回の記事では博士課程進学者向けて学術振興会特別研究員(学振)についてお話しさせて頂きました。
ただ、正直言って学振に採用されるのはなかなか難しいです。どの人が採点者になるかなど運的要素も含まれますし、DC1に申請する修士課程の方はそうした不確定要素をもったまま博士課程進学を決意しなければなりません。
そこで今回は博士課程に進学する学生が金銭的な支援を受けることができてかつ、比較的高確率で採用が見込める理化学研究所のJRAという制度についてご紹介したいと思います。

JRAとは?

中央競馬会のことではありません。ジュニア・リサーチ・アソシエイトの略で理化学研究所内の研究室に所属する学生のみが申請できる学振のような制度です。
給料は月に16万円程で、交通費も別途支給されます!給料ですのでもちろん返済の義務はありません。学振と比較すると受給額が少なかったり、研究費は貰えないなどの見劣りする面はありますが、注目すべきはその採択率にあります。
理研が公式に発表しているデータは残念ながら見つけることができませんでしたが、少なくとも7割程度の確率で採択されている模様です(追記:どうやら同じラボでJRAに2人以上申請すると片方は補欠合格になることがあるようです。)
この際、ラボ主宰者の先生が学生達を順位付けしているので、修士の頃からお世話になって、先生と良好な人間関係を築けていた方が有利と言うことになります)。
僕の知人にも申請している人が何人かいましたが、今のところ不採用だった人は一人もいません。しっかりと研究計画を論理的に記載できていれば大丈夫だと思います。
これって学振と比べると驚異的な数字だと思いませんか?

どうすれば申請できるの?

理化学研究所の研究室所属の学生になれば誰でも申請できます。じゃあどうやって理研のラボのメンバーになれるのかってことですが、方法は2パターンあります。
1つ目は理研の研究室を主催するボス(教授的な人)がどこかの大学院の兼任の教員になっていて、そこの大学院の入試を受けて入るパターン。
2つ目は、まずどこでも良いので、どこかの大学院のどこかの研究室に博士課程で進学したのち、研究指導委託という制度を使って理研のラボに派遣してもらうパターンです。
1つ目のパターンは想像つきやすいかと思います。具体的には東大や埼玉大、兵庫県立大など研究室一覧をみると連携教員などと書かれている先生がいるとおもいます。その人の研究室所在地が理研の住所ならまず間違い無いでしょう。念のためラボ見学を行い、JRAに申請可能か聞いてみると良いでしょう。
2つ目は少し特殊なパターンです。理研の先生の中には兼任で大学に籍を置いてない先生もいらっしゃいます。そうなった場合、一度どこかの大学の研究室に籍を置いて、そこから派遣されるという手続きを踏まなければなりません。すこし面倒ですが、これでもJRAの出願資格が得られます。
なのでもし興味のある先生がどこかの大学の兼任でなくても一度上記の制度を使って受け入れてもらうことが可能か聞いてみると良いと思います。籍を置かせてもらえる大学まで紹介してもらえるかもしれません。

いつどんな申請書を書けば良いの?

提出の締め切りは学振より遅く、前年度の10月ごろです。しかもこの申請書、学振より楽です。
たったの3ページです。学振の申請書を先に書いてしまっていればほぼコピペして終了します。
ちなみに結果は1月か2月ごろまでにはわかるそうです。

まとめ

今回は理研のJRAという制度について紹介させていただきました。
もし理研に興味のある研究室があったらぜひ利用してみてください!
最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました